料理


日野の郷土料理

日野菜漬け

室町時代、蒲生貞秀が鎌掛の観音堂に参拝したときに、
日野菜を発見。それを漬物にし、京都の知り合いである
公家に贈ったところ、その公家がさらに後柏原天皇にも献上し、
天皇も喜ばれたことから「日野菜」が広まったとされています。

当旅館では、大女将と女将と若女将の3代による手作りの日野菜を
漬けております。お料理の最後にご飯と共にご賞味 いただいております。

期間 10月〜3月限定

鯛そうめん

実際の詳しい資料は残っておりませんが、
元々は日野町人の家庭料理だったと考えています。

それが江戸時代に日野商人が「おたな(出稼ぎ)」に出て行き、
5月3日の日野祭りに帰ってくる際、天然の鯛を持ち帰り、
お祭りを祝った伝統料理になったと考えています。

鯛そうめん

ぶりの塩付け

実際の詳しい資料は残っておりませんが、
日野町人の家庭料理だったと考えています。

江戸時代に日野商人が「おたな(出稼ぎ)」に出て行き、
海に面していない滋賀県日野にブリを持ち帰るのに、
塩付けにして運んだのが始まりではないかと考えています。

近江日野牛

日野で育てられた近江日野牛は、すき焼きやしゃぶしゃぶ、お刺身などでお召し上がりいただくことができます。この上質な味を是非ご堪能下さい。

日野菜饅頭

日野の名産である日野菜を甘さ控えめの白餡で包み込みました。
餡の甘さと日野菜の辛味がマッチして、とても不思議でクセになる味です。
見た目にもかわいく、一口サイズで食べやすいので、是非ご賞味下さい。

期間 10月〜3月限定(ご予約下さい)

会席料理

日野御膳

日野の商品を使った日野御膳は日野の各お店の名産品を扱ったお食事となっております。鯛そうめんや、伊賀まんじゅうなど、日野の名産をご堪能下さい。

日野の商品
富士屋製パン 『鮪パン』
昔から日野でパンを作り続けている地元のパン屋。今は日野菜パンも作っている。
坂甚商店 『豆腐・ゴマ豆腐・湯葉』
豆にこだわり、代々受け継がれた製造方法を守り抜いているお豆腐屋。
かぎや 『いがまんじゅう』
日野にある老舗菓子屋の一つで、今も近江日野商人の育てた味を守っている歴史あるお菓子屋。
岡崎肉屋 『近江日野牛』
兵庫県但馬の優秀な和牛子牛から厳選され、岡崎の直営牧場で大切に育てられる「近江日野牛」。
鯛そうめん

プラン・料金ようこそお料理館内施設交通案内観光情報ゴルフ場お問い合わせ


Copyright(C)2008 寿志屋 .All Rights Reserved.